須坂市

須坂市

鬼滅の刃の新たな聖地!?炭治郎が切った大岩にそっくりな岩、須坂市・龍の割石までの行き方解説

鬼滅の刃の1巻。 竈門炭治郎が狭霧山で修業したときに切った大岩にそっくりな岩が地元、長野県須坂市にあったんです。
須坂市

須坂市で積雪時、長野建設事務所のライブカメラは本当に便利

積雪時の朝、須坂市から長野市に向かうとき、 ライブカメラを使うと現状がつかめて便利です。 管内の道路情報(カメラ画像、気
須坂市

不動のものを心に持つこと

毎年、初詣で行く米子不動尊。 今年も賑わっていましたよ。 米子不動尊本坊米子瀧山不動寺・真田家子孫のお寺|日本三
須坂市

創造力は地元愛から生まれる|旧小田切家住宅で和菓子の話を聞いて

ぼくは子供の頃、あんこが苦手でした。 でも、盛進堂の栗中華は食べれたんです。 盛進堂製菓舗|歴史と自然の香る街
須坂市

自分は、この世に何を残せるのか?残す=アウトプットすること

収穫の秋。 先日、実家のりんごを収穫しました。 一年間、準備をしてやっと、このときを迎えれる。 たくさんの
掘直虎

なぜか涙がにじむ堀 直虎(ほり なおとら)の紹介動画

今日は、堀直虎(ほり なおとら)がどんな人物だったのかという動画がありましたのでご紹介します。 ぼくは、なぜかこの動画をみると、涙がに
掘直虎

藩主を知ることで地域がわかる、須坂藩主、堀直虎が知れる歴史展の紹介

人は無意識で生まれ育った環境から影響を受けます。 それは時代の流れによって変動はありますが、代々受け継がれていく。
須坂市

現代こそ祭りが必要な理由

先日、地元の祭りに参加して気づいたことがありました。 それは、「現代こそ、祭りが必要」ということ。 なぜなら、以
須坂市

見える世界は見えない動きの上で成り立っている

昨日、どんど焼きで家族の無病息災を願いました。 そして今朝、どんど焼きの片付けに参加。 地域の催しの後には片付け
須坂市

変化の激しい時代こそ不動の心で

新年あけましておめでとうとございます。 2018年がスタートしましたね。 昨年も変化の年でしたが、今年ももっと変
須坂市

須坂版画美術館こども教室「けしゴム版画で来年のカレンダーをつくりましょう!」に行ってきました

もう早いもので、今年もあと1カ月半ですね。 昨日、須坂版画美術館のこども教室に娘と行ってきました。 けしゴム版画
須坂市

長野が教育県になった理由は地形にあった

長野はかつて教育県と言われていました。 ぼくは、その理由について考えていた時期がありました。 先日、以下でご紹介
掘直虎

堀直虎を通して気付いた、人間一人を理解する意味

人間一人を理解するって簡単なようで難しいですよね。 実は、その人の存在だけでなく、その人が生きた背景全体も理解することが必要な
須坂市

須坂カッタカタ祭りの見どころと駐車場情報。駐車場は須坂市役所にあります。

そろそろ夏祭りのシーズンになってきました。 祭ってワクワクしますよね。 地元、須坂市の祭り、須坂カッタカタ祭りも近々あり
須坂市

子供たちが戻ってこれる地域づくり

今までやらないことをすると新しい発見がありますね。 この夏、家族と実家地域の盆踊り大会に参加しました。 ぼくが参加したの
須坂市

3歳児が夏祭りで迷子になったときにすること

すぐに迷子の放送をしてもらう 周りを見渡して、見つけられなかったら、すぐに放送をお願いしましょう。 ポイントは、迷子になった子の詳し
須坂市

移動手段を変えてみると地域がまったく違ってみえる

移動手段を変えてみると、地域がまったく違ってみえますね。 先日、セミナー参加のため、松本に行きました。 通常でし
須坂市

ギリギリ理想のお正月に

あけましておめでとうございます。 僕のお正月のイメージは、雪景色の庭を見ながらお雑煮を食べ、初詣に行く流れ。 今
須坂市

22年ぶり、日本一の大きさ、福島天神社の大幟(のぼり)は必見です。

2015年10月24日~11月2日、地元須坂で22年ぶりに、日本一の大きさの大幟(のぼり)が上がります。 幟(のぼり)
タイトルとURLをコピーしました