イベント・セミナー情報

11/30(土)福岡Re・riseフェスティバル〜Dignity2.0×SNS3.0で時代が変わる〜

2019年10月13日に日本に上陸した台風19号。 ぼくの住む地域、長野にも甚大な被害をもたしました。 台風通過
長野県

人間の協力パワーはすごい

今日、今回の超大型台風で浸水してしまった地域の片付けに参加しました。 ものすごい状況に驚きました。 気が遠くなる作業。 でも多く
人生・生き方

毎日、自分独自の発信をすることって大事

たった一言でもいい。 毎日、自分の中から生まれた新しい考え、思い、言葉を発信すること。 それが生きている
人生・生き方

瞬間瞬間の自分を信じる習慣をつける

あのとき、ああしていれば良かった、ということがあります。 でも、もしかしたら、その時自分はベストを尽くしていたかもしれ
イベント・セミナー情報

10/13(日) 東京Re・riseフェスティバル ~Dignity2.0×SNS3.0で時代が変わる

人間の可能性を引き出すには、個では限界。 もちろん、自信感を得るにも個だけでは限界。 だけど、群れるのはきらい。
ぼくの変化事例

まずは落ち着いた心からスタートする

ふと、浪人時代のことを思い出した。 医療系の大学に行きたかったのだけど、それに伴う勉強をしてこなかったんです。
人生・生き方

エネルギーの集中先をどこにもっていくかで人生が決まる

エネルギーの集中先をどこにもっていくかで人生が決まる。 当たり前なことだけど、目の前の忙しさにとらわれていると忘れがちになってしまうこ
イベント・セミナー情報

自分を知るには関心のベクトルを内と外と循環させること

自分をうまく活用するには、自分のことを詳しく知っていることが求められます。 自分を知るために、自分の中をあれこれと探ることは大
人工知能

AI(人工知能)は人間のように夢を描けない。仮面ライダーゼロワンの1コマ

AI(人工知能)は、これからどんどん仕事や生活に取り入れられていきます。 先日、ぼくもiphoneのSiriを久しぶりに使ってみて便利
イベント・セミナー情報

日本の心を感じるイベント:8/25(日)大阪リライズフェスティバル ~大阪から始まる令和維新~ 

日本人にとって、日本の可能性を知ることは、自分の可能性を知ることとつながっています。 なぜなら、人間は環境の影響を無意識で受け
仕事・働き方・キャリア

過酷な環境の中にいる存在は強くなることをサワガニと海のカニの違いから気付いた

海と沢にいるカニを比べたら、海にいるカニはパワフルだった。 先日、新潟上越の海に行ったのですが、そのときに岩場で子供と遊んだん
人生・生き方

いまここ変化できるキーワード、自分自身をどう思うのか?

いまここ変化できるキーワードとは? それは、自分自身をどう思うのか? 先日、実家地域の山道の草刈り作業に参加しました。 そのと
脳のしくみ

リモコン・ロボットから気付いた人間の行動の本質と課題としてきたこと

UFOキャッチャーでとった、リモコンで操作するロボット。 ロボット同士を対決させようとしたけど… はじめは右の怪獣だけだ
令和チャンネル

自分専用〇〇から気付いた未来時代の問題点と突破口

先日、出張時に母親がまったく使っていないというAndroidタブレットを借りてみました。 画面も大きいし、バッテリー容量もたく
時代・文化・文明

インターネットの功績は誰かの疑問に答えられること

いまや何か疑問や質問があったとき、すぐにスマホで答えをみつけられる時代。 これってすごいことだと改めて実感しています。
仕事・働き方・キャリア

結果が分かり切っている勝負の中に楽しさを見い出すには?

結果が分かり切っている勝負の中に楽しさを見い出すには? それは、真剣になること。 真剣になるには? 真剣になるには、 諦めの心を
観点・認識の話

言語に対する観方を深めることで「今ここ」が変わる

ぼくたちがいつも使っている言語の背景には何があると思いますか? それはイメージです。 人は言語でも目の前の世界を認識している
おすすめ映画

映画「キングダム」| 夢や理想は人間の生きる栄養素

先日、友人と夢がないと熱くなれないよねと話しました。 確かに、ぼくは夢があったからこそ、今までの人生の中で絶望があっても立ち直ることが
時代・文化・文明

自分の中で創造したことを表現できるって幸せなこと

先日、プリンターがいきなり壊れました。 夜遅くまでかかった資料が印刷できない状態に。 結局、直らず別の方法で出力しました。 い
おすすめ映画

後悔してもいい、変化したい思いが生まれたら | 映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』

もしあの時、ああしていれば…。 人生では、そのようなことが日常茶飯事、起こります。 ぼくは、学生から20代の頃は後悔の達人でした
タイトルとURLをコピーしました