ウェルビーイングを高めるよりもベストビーイングそのものになろう

この記事は約7分で読めます。

仕事は嫌いではないけれど、最近なぜかやる気が出ないと悩んでいませんか?

実は、この記事で紹介する、キーワードについて考え、おすすめの本を読むと、なぜやる気が出ないのかがわかり、新しい生き方の方向性がみえて、ワクワクになっていきますよ。

 

なぜなら、ぼくも実際に、これを実践していくことで、未来の方向性が見えず、絶望していた状態から、やる気満々に立ち直ることができたんです。

この記事では、いま話題のウェルビーイングについて。もうそれでは、限界にきていること。これからは、ベストビーイング時代であること、またオススメ本を紹介します。

 

記事を読み終えると、新しい突破口がみえ、未来に希望がもてるようになりますよ。

 

現代で、やる気がなくなる理由

・情報過多

情報が多すぎて何を信じればいいのかわからない。スマートフォンからSNSでたくさんの投稿を見て、相対比較して落ち込むことが多くなる。

 

・AIの活用社会

ChatGPTなどの生成AIを使うのが当たり前に。自分より頭のいいAIを目の辺りにし、無意識で自信喪失。

 

・貧富の格差

コロナや戦争の勃発で、より経済が大変な状況になっています。どんどん貧富の格差が広がっています。

 

・環境破壊

地球の温暖化がすすみ、気候の変化を実感することが多くなりました。

 

代表的なものだけ挙げても、現代はかなり厳しい状況におかれています。

人間は、環境の影響を大きく受けますので、

こんな中で、やる気がでなくなるのは自然なことです。

 

「諦めないぞ」と思うことの偉大さに気付こう

なかなか厳しい時代で、心が折れてやる気が出ないのはわかります。

でも、まずは「諦めないぞ」という気持ちが大事です。

 

なぜなら、それが逆にエネルギーの根源になるからです。

飛行機は風の抵抗をうけるから、空を飛ぶことができるんです。

 

「諦めないぞ」と思うことは、自分の心の中の小さな出来事のように感じますが、実はそれはものすごい力を持っているんです。

そこは、自分を信じて、まずはそう思ってみましょう。

 

過酷な環境だからこそ本当の変化ができる

過酷な環境では中途半端な変化では太刀打ちできない。

本物しか残らない。

 

だから本当の変化ができるときでもあります。

そして、その本物はシンプルなものになります。

 

なぜなら、複雑はシンプルから生まれるもの。

余計なものをとり払って、純粋なものだけが残る。

 

純粋なものは、わかりやすく、簡単なもの。

だから、変化も簡単にできるんです。

 

AI時代の変化キーワード、この一点を追究しよう

AI時代だから難しいことを学ばなければと思いがち。

それは、方向性が違うんです。

 

それはAIにまかせておけばいい。

人間は、まったく違う方向性を追究していくこと。

 

そのキーワードが『スイッチ点一つで、宇宙が有る状態と宇宙が無い状態を同時に理解、説明、統制できること。これがベストビーイングの存在です。』

 

噛み砕いて理解していきましょう。

スイッチは、電気の通りをオンオフするもの。

 

この宇宙、ぼくたちの体は数多くの粒子、点で成り立っていると言われています。

そして、その多くの粒子も、宇宙はじまりのビックバンの一点からはじまっているんです。

 

何やら怪しくなってきましたか?

でも、これは自分自身を知る上で理解するべきことですよね。

 

目の前のやるべきことも大切ですが、そこばかりに観点が固定されているから、自分自身とどんどん離れた考えになり、やる気がでないです。

・自分って何なの?

・人間ってどこからきたの?

・いま自分が生きているしくみとは?

という領域にも思考を走らせること。

急がば回れ、それが今ここやる気をつくる第一歩です。

 

いま、ウェルビーイングという単語が流行っています。

ウェルビーイングとは、心身や社会的にもすべてが満たされた状態という意味です。

 

日本では、企業で社員が働いやすいような環境をつくったりしています。

素晴らしい流れだと思います。

 

ですが、それではAI時代が本格化していくときに、対応できなくなってくるんです。

ソフトバンクの孫さんが10年で能力がいまの100万倍に。

さらに10年後で1兆倍になると言われていました。

Just a moment...

 

その流れで、ウェルビーイングでは人間は満たされない状態になってしまいます。

もっと、根源的な、本質的な思考、知識が必要なとき。

 

それが、ベストビーイングです。

 

オススメ本『これからの生き方 ベストビーイング』

ウェルビーイングは、足りない自分に何かを補ったり、よりよい環境を提供して幸せにさせること。

 

それに対し、ベストビーイングは、人間そのものは何もなくても、無限の可能性そのもの、すでに満たされている存在だと気づくこと。

知らなかったことに気づいていくことなので、大変でなく、むしろ好奇心が湧き、楽しくなっていきます。

 

ベストビーイングについての専門書がありますよ。

2023年10月31日に発売されたばかりの新刊。

 

 

変化のキーワード

『スイッチ点一つで、宇宙が有る状態と宇宙が無い状態を同時に理解、説明、統制できること。これがベストビーイングの存在です。』

が詳しくわかっちゃいますよ。

 

●特設サイト

これからの生き方 BEST BEING ベストビーイング 特設サイト|ノ・ジェス
あなたは知っていますか?AI時代の絶対基準0=∞=1 予測困難なこれからのAI時代にどう生きればいいのか。 脳ではなく心機能を使うことで、今までにない価値判断で関係構築ができるようになり、人間関係から国家間までもオープンしてつながることができることを問答で展開していく。 「自分とは何か」「私は何のために生まれたのか」

 

著者は、28年間、日本の可能性を発信し続け、AI時代の新技術を開発したノジェスさん。

 

●【人生が変わる本】なんとなく生きてちゃダメだった…!AI時代の絶対基準でウェルビーイングはこう変わる!(12分43秒)

書店に並んでいますので、ぜひ手にとってみてください。

 

令和時代は、令和の変化方式で

ぼくは昭和生まれ。

昭和時代は、根性で変化を作り出す時代でした。

いける人はいいけど、脱落する人はそのまま。

 

平成時代は、ゆとりがあった時代。

今までの詰め込み状態から自由になって、一旦落ち着いた状態。

 

そして今は、令和時代。

令和とは、ビューティフルハーモニー。

美の時代でもあります。

 

人間は、どれほど素晴らしい存在だったのか。

今ここが、いかに感動的な場面なのかを気づいていく、新しく認識していく時代です。

 

そこには、辛い、苦しいはない。

ワクワク、ドキドキで変化していく時代なんです。

 

まとめ

人類は、幾度となく困難を乗り越えてきました。

そこには大きな変化、イノベーション、革命がありました。

 

例えば、天動説から地動説。

まさか、地球が動くとは思っていなかった。

その大転換から、いまの時代をつくった科学技術が発展していきました。

 

いま、そのような転換が起きるときにきています。

それは、自分と密着したものになり、人生に大きな変化を与えるものになります。

 

人間こんなもんじゃない。

ぼくたち人間は、これから大きな変化をつくりだす可能性を秘めているんです。

 

タイトルとURLをコピーしました