映画『七つの会議』とサラリーマンの涙

この記事は約1分で読めます。

いくら理不尽なことを会社から言われても歯を食いしばって、その要求をのみ踏ん張る。

家族や子供のため、自分の名誉のため。

 

もちろん、彼らだけが頑張っているのではない。

経営者や個人事業主も頑張っている。

 

先日、映画『七つの会議』を観ました。

まさにサラリーマンの涙を感じましたよ。

「七つの会議」予告

彼らのおかげで、今までの日本経済があった。

これから、さらにビジネス環境は厳しくなる。

 

だからこそ、同時に働く人たちの尊厳を認め、受け入れる世の中をつくっていくことが重要だと実感しました。

 

面白い作品でしたよ。

やはり、主役の野村萬斎さんがよかったなぁ。

タイトルとURLをコピーしました